駅伝用のシューズを陸上部の高校生の息子と、中学生の娘に購入しました。
ランニングシューズも用途で違うみたいです。青トレの本も買いました。

駅伝の練習用のシューズはナイキのこれ

高校の陸上部(長距離)では、ランニングシューズを使い分けています。
・10kmなどの長長距離を走る練習用、
・タイムを上げるためのスピードアップのロード用、駅伝本番用
・1500mの競技場用

陸上部に入って何足か買いました。
ランニングシューズにも長距離用とか短距離用とか、あります。

足を壊さずに毎日の10km超のランニングの練習用に履いているのは、
ナイキのシューズです。
長距離陸上部長男も中学生駅伝メンバー練習に参加する長女もこれを履いています。

**長距離練習用に陸上部の高校生男子が買ったのはこれ

それを知って中学生の女子が買ったのもこれ

これの前は、短距離用のランニングシューズで駅伝練習に参加していたため、
足が痛くなってしまっていたとのこと。
ソールが厚手でクッションがあり、足への衝撃が少なくなりみたいです。

スピードアップ用はまた別なそうで、
高校生は、大会当日は別のシューズをはきますが、
中学生はそこまで本格的ではないので、本番もこれで走ります!

駅伝の本番シューズ!はアシックス *高校生の陸上部

高校の陸上部となるとある程度本格的になるので、
グランドや距離、用途によって履き替えます。

駅伝の練習でこれは履かないですが、本番でベストタイムをたたき出すために、
速く走れるために、このシューズを履きます。

店頭では17000円程で売られています。
同じ部員の人は17000円で購入し、うちは14000円で購入しましたが、
なんと通販では7000円代で売られているという・・

*高校生男子 駅伝本番用シューズ

練習用のシューズでいたところ、
速く走る本番用のタイムをあげられるシューズにしないと
メンバー入りは難しいとか言われただとか。?

履いて練習できる場所も限られるので、
グランドに行く前日に急いで店舗で買いましたよ。

おまけ 1500mの大会用のシューズ(ナイキ)

これは駅伝ではないですが、フィールドで1500mを走るために購入したシューズ。
こちらは中距離の陸上スパイクですね。

中距離のシューズ

駅伝メンバー入りするために 青トレ

駅伝は走れるメンバーが限られています。
高校男子は7名、(各7km程度)
中学生男子は6名(1人3km程度)
中学生女子は5名(1人2〜3km程度)
です。
駅伝メンバーに入るなら、県大会などに行けるメンバーが揃っている時に、
メンバー入りすると県で走れます。
駅伝メンバーに慣れても、チームが遅いと地区駅伝で終わってしまいます。

いい時にギリギリで駅伝メンバー入りしたりしているので、
県駅伝走れるなどいい経験をすることが出来ました。
今期も、子供達はメンバー入り出来るギリギリラインですがまた滑り込みします。

青トレの本が欲しいというので買いましたよ。
青山学院大学のトレーニングの本です。


1日10分走る青トレ

まとめ

長距離の陸上といっても、
1500mから、3km、10km程走る高校駅伝、
(中学生の駅伝は3km)
などで、ランニングシューズも違うということです。

陸上部の人らは専門店で購入していますが、
インターネットだと店頭よりかなり安くてびっくりです。
試着して、サイズが分かっていて、期日に余裕があればオンラインショッピングもいいですね。

スポンサーリンク