丸亀製麺は、本格的な美味しいうどんに天ぷらなどが付けられます。
天ぷらの持ち帰りは割引などがありお得で人気です。
うどんもランチタイムにテイクアウト出来る店もあります。
丸亀製麺持ち帰り

丸亀製麺の持ち帰りに天ぷら 割引は?

おいしいうどんなどを手ごろな価格で楽しむことの出来る、丸亀製麺にはよく行っているという人もいるのではないでしょうか。
うどんの持ち帰りでも利用する人も多いかと思いますが、実は天ぷらの持ち帰りがお得なんです。
天ぷらは5個まとめ買いで50円引き、10個で100円引き
などといったように5個単位で割引率が高くなっていきます。
さらに天ぷらをテイクアウトで利用する人限定の、火曜日30%オフというセールを行っている店舗もあります。
このセールは5個以上お買い上げになった人が対象になります。
一部の店舗では実施していないところもあるので、近くの丸亀製麺が対象の店舗かどうか調べてみるのも良いでしょう。

天ぷらは基本的に店舗にあるもの据えてお持ち帰りが可能で、天ぷらだけを持ち帰ることもできます。
天ぷらは店で箱を選んだら、好きなものを箱に入れ、レジで会計することで購入します。
天ぷらは様々なものがあり定番のものとしては「さつまいも天」「ちくわ天」「イカ天」「れんこん天」「野菜かき揚げ」「かしわ天」「季節の天ぷら」などがオススメです。季節限定の鱧天・秋刀魚天・まいたけ天などもいいですね。
美味しく食べるには持ち帰った後に、アルミホイルをクシャクシャに丸めた後天ぷらを並べて、オーブントースターで5分温めるとより美味しく食べられます。

丸亀製麺の持ち帰りおすすめメニューは?

おすすめの天ぷらは焼鳥屋のノウハウから生まれた「かしわ天」と、家庭では作るのが難しい「半熟玉子天」の二品。
天ぷらの人気上位商品でもある「かしわ天」は、「パサついていておいしくない」と言われがちなムネ肉を、秘伝の漬けだれやこだわりの揚げ具合によって、モモ肉にも負けないジューシーさとムネ肉ならではのさっぱり感を両立し仕上げる、自慢の逸品です。

「半熟玉子天」はあまり馴染みのない地域も多いかと思われますが、うどんの代名詞・讃岐ではお馴染みの天ぷらです。とろっとろの半熟に茹でた玉子の黄身が、天ぷらとして揚げる工程を経てもなお、半分に割ると白身の中からあふれ出る。茹で方・揚げ方ともに絶妙な加減が必要で、再現の難しい一品です。

丸亀製麺の持ち帰り うどんはできる?

丸亀製麺は店舗でも食べることができますが、家でゆっくりご飯を食べたいというときには、持ち帰りをすることも可能です。
持ち帰ることのできるうどんのメニューとしては、「かけ」「ぶっかけ」「おろし醤油」「とろろ醤油」「とろろ玉」「カレー」の並と大を持ち帰れます。また、季節のうどんメニューでも持ち帰ることができることもあります。
トッピングメニューも持ち帰りをすることができ「温泉玉子」「大根おろし」「とろろ」「きつね揚げ」も持ち帰ることが可能です。

丸亀製麺の持ち帰り つゆ薬味は?容器代は?

丸亀製麺では、うどんや天ぷら、おにぎり、おいなりなどお持ち帰りすることができます。
持ち帰る為の容器代はほとんどが無料になっています。
さらに、天ぷらはたくさん頼むほど割引をしている店舗も多くお得になっています。
つゆや薬味などが必要な場合は、容器代が30円かかる場合があります。
お持ち帰りできるメニューや金額は店舗によって異なっており、お持ち帰りできない店舗もあるので注意が必要です。
親子丼など店で食べるより値段が上がるメニューもあります。

丸亀製麺の持ち帰り おにぎり おいなり 親子丼は

コシのある本格的なううどんが堪能できることで評判の高い「丸亀製麺」ですが、メインメニューのほかにもおにぎり類やおいなり、親子丼などの隠れた人気メニューもあります。
店舗によっては親子丼も持ち帰りすることができます。
ただし、丸亀製麺ではランチタイムに持ち帰りを実施している店舗がすべてでないこともあるようです。
お持ち帰りできるものは店舗で揚げられた「天ぷら」はどこの店舗でもほぼ持ち帰り可能でおにぎりやおいなり親子丼は店舗によって異なる場合があるようです。

スポンサーリンク