サッカーやっているので身長を伸ばしたい。キーパーは当然大きい方が有利だし、
高いとヘディングでも勝てます。
身長伸ばすのに必要な栄養素を紹介。

サッカーに身長は必要?高い方が有利?

鹿島アントラーズでは、レントゲンを撮って、
身長の伸びしろが確認出来ないと上(ユースとか)に上がれない、
という話を耳にすることがあります。

高校でアントラーズに上がれない人は、
強豪校の明秀日立高校などに行ったりしますが、
小柄で上手な人が結構来てるよーなんて聞いたりします。

もちろん日本代表でも小さい人はいますし、
女子の長谷川唯選手も身長は157cmです。

ですが、身長がないとキーパーは難しかったり、
ディフェンダーも大きい人が多いですね。

小さい相手は、ファール取られそうだからやりにくいとか、
ボールと目線が近いからボールコントロールしやすいなどメリットもあるかもしれませんが、
背が高いとヘディングでも勝てますし、体強いとか武器になります。

身長が伸びている中学生ならば伸ばすためのことはしてもいいと思います。

サッカーしていると身長は低くなる?伸びない?

よく、筋肉ガチガチの人は伸びにくいとか、
体重が重すぎると重みで伸びにくいなど、
言われることがあります。

実際、短距離がすごい速い筋肉むきむきの足の人は、
身長が途中からあまり伸びてない傾向はあるかもしれません。
長距離走向きのひょろい人は伸びたりしていたり。
これらは科学的根拠はありませんで、
身長が伸びないということはありません。

身長がよく伸びている人に聞くと共通していることは、
・食べている
・寝ている
・栄養を取っている

だと思います。
体は食べたもので作られるので、特にアルギニンは大切ですね。

身長が高くなる栄養素って何?

身長を伸ばす栄養素のサプリメントは売っています。
背を伸ばしたいからといって、
食べ過ぎても動きにくくなったりもしますから、
食品で摂取せずにサプリで補うのは、効率がいいです。

例えば、アルギニンを5g(5000mg)摂取しようと思ったら、
鶏肉や豚肉で400g、納豆なら10パック以上食べる必要があります。

それならアルギニンをサプリメントで取ってしまうのもありです。
アルギニン以外にも、同時に、
オルニチンやビタミンB1,B2,B6,B12,ビタミンD,シトルリン、
ボーンヘップ、αーGPCなども一緒に取るのが望ましいとされています。

さすがにこれらの身長を伸ばすことが期待できる栄養素を
食品から取るのは難しいです。

ところが、アスリートや、身長が伸びているあの子、などは、
栄養を取れずにいる回りの子が知らない間に、
サプリメントで簡単に必要な栄養素を摂取し、身長を伸ばしているのです。

身長サプリは高価なものが多いですが、
人生で背が伸びる時期はわずかです。
中学生であればまだ間に合うので、サプリを飲んでみる価値はあります。
高校生だと人によっては止まってしまうので出来るだけ早いうちがいいです。

**身長を伸ばせる成分が凝縮されています

子供に副作用がないことも分かっています。

↑ずっと半額はこちら

むしろ、50種類以上の栄養素が取れるのでスポーツの成果や体力向上も期待できます。

ビタミン12種類、
βカロテン(プロビタミンA)ビタミンB1,B2,B6,B12、ビタミンD、
ビタミンE,ビタミンK,ナイアシン、パントテン酸、ビオチン、葉酸

ミネラル11種類、
カルシウム、鉄、マグネシウム、カリウム、ナトリウム、リン、
銅、マンガン、亜鉛、コバルト、イオウ、クロム

アミノ酸
アルギニン、イソロイシン、ロイシン、リジン、メチオニン、
シスチン、フェニルアラニン、チロシン、スレオニン、
トリプトファン、バリン、ヒスチジン、アラニン、アスパラギン酸、
グルタミン酸、グリシリン、プロ人、セリン、アスパラギン、
グルタミン、オルニチン、シトルリン

その他
αGPC、クエン酸や食物繊維、多糖体、リノール酸、
αリノレン酸、井野氏トール、SOD,フコシアニン、
ゼアキサンチン、クロロフィルa,核酸(DNA RNA)、

これだけ入っていたら、身長以外にも効果が期待出来そうです!

スポンサーリンク