オーボエの音色を良くする、リードの調整方法などは、実際に美しい音色のオーボエ奏者から学ぶのが一番です!おすすめはこれ

オーボエの音色をよくするには?

吹奏楽部には、オーボエがあって、楽器も3台はある。
リードも部費で買ってもらえる。
それでも、吹けて教えられる先輩や先生がいない。

なんとなく吹いているけど、音が割れたり、
プロのオーケストラのようなあの素敵な音色とは遠い。

そんな時に、見つけた、
**オーボエの美しい音色を手に入れるための上達講座はこちら


親に買ってもらう、部費で購入してもらうという買われ方もしています。

実際に、学校で取り入れられている教材で、
音大の図書館にも置いてある
信頼の教材です。

オーボエを習うなら、本当は、
本当に美しい音色の上手な人に習いたいですよね。
ちょっと吹ける素人とかではなく。。

この講座で音色を良くする方法を教えている人は、

武蔵野音楽大学を出て、オーストリア国立音楽大学で学び、
ウィーンレジデンツオーケストラのオーボエ奏者、ソリスト、
ヨーロッパのコンサートでもオーボエ奏者として出演。
音楽大学の非常勤講師など教えることもしています。
佐藤亮一さんです。

一流から学べ、という言葉もあるように
オーボエ奏者としての実績のある人の教材がお勧めできます。

オーボエの美しい音色を手に入れる講座の内容は?

プロが教える
「チューニングの正しいやり方」
「オーボエのリード調整方法」

が期間限定で、動画が付いてきます。

音色について学べます

音程の安定させ方
息の吹き込み方で音色が変わる
音色の吹き分け
タンギング ダブルタンギング
スラー
音色が変わらない強弱つけ方
ヴィブラートかけ方

リードについても

リードの選び方
リードのトラブル回避方法

オーボエが素敵な曲入り

白鳥の湖
シューベルト9番グレート
セレナーデ

*動画DVDや教本、楽譜つき

希望者には、

オーボエの選び方

・JDRオーボエカタログ
・のなかブルリードカタログ

どうせオーボエを吹くならば

オーボエの楽器は高いし、リード代もかかります。
(オーボエのリード代は部費でもそれなりの出費になっています)

それならば、どうせならば、
美しい音色で吹きたいです。

オーボエはコスト高いし、音も、、だし、
いなくてもいいんじゃない?ってならないように、
(実際オーボエのいない吹奏楽部とかありますよね)

せっかく、オーボエを吹けるのであれば、
美しい音色で、鳴らしたい!

とくにオーボエは下手な人と上手な人では同じ楽器と思えないほど
音色が違いますよね。
あの美しいオーボエの音色は、出せている人のから習うのが一番です。

**オーボエの音色がよくなる近道はこちら