みずほ銀行はコンビニATMで利用出来るようになりました。
コンビニエンスストアのATMはセブンイレブンのセブン銀行、
ローソンATM、ファミリーマート、ミニストップにあるイーネット、
イオン銀行などがあり手数料など違います。

みずほ銀行 コンビニのセブン銀行ATMの手数料

みずほ銀行はセブンイレブンに設置されているセブン銀行ATMを利用してお金の引き出し、預け入れができるようになっています。
その際の手数料ですが、曜日や時間帯によって異なります。
月曜から金曜の午前0時から8時45分までは216円です。
その後18時までは108円、そこからまた午前0時までは216円です。
土曜日は午前0時から22時までは216円、日曜は午前8時から24時まで216円となっています。祝日や振替休日は終日216円です。

みずほ銀行 コンビニのローソンATMの手数料

ローソンATMからみずほ銀行と取引を行う場合は、どの時間帯で利用したとしても必ず手数料が発生します。
現在の手数料は引き出し・預け入れ・振り込みの全てで共通となっており、平日の8時45分から18時までであれば108円、その他の時間帯はすべて216円です。
この手数料は、みずほマイレージクラブの会員になっていれば、1ヶ月につき4回まで無料になりますが、ローソン以外のコンビニのATMで取引した場合も回数に含まれるので注意が必要です。

みずほ銀行 コンビニのイーネットATMの手数料

みずほ銀行に口座を開設している人は、
キャッシュカードを持って外出していれば、
イーネットATMが設置されているコンビニエンスストアでお金を預けたり、引き出したりすることができますが、その際には少額の手数料が発生することに注意しなければなりません。
現在、イーネットATMからみずほ銀行と取引を行う場合の手数料は
取引の種類に関係なく108円となっていますが、
平日の8時45分から18時までの時間帯を除く時間に取引をすると、
時間外手数料として108円が追加されます。
余分な費用を発生させたくないのであれば、平日の午前中から夕方までの間に預け入れや引き出しを行いましょう。

みずほ銀行 コンビニのイオン銀行の手数料

みずほ銀行でイオン銀行のカードを使ってATMからお金を引き出す時は、手数料がかかる時間帯があります。
手数料は時間によって異なり、朝8時45分から夕方18時までは無料です。
朝8時から8時45分までと、夕方18時から23時までは108円かかります。
23時から翌朝8時までは216円かかります。
手数料が引かれてしまうのはとてももったいないですから、出来るだけ日中ATMを利用したほうがお得にお金を引き出すことが出来ます。

みずほ銀行のコンビニATMでおろせない・・体験談

みずほ銀行を利用している私は現金で購入する中古車代金70万円の引出しに最寄りのコンビニに行きました。
しかし、正しい暗証番号を入力しても現金70万円が出てきません。
友人は100万円までの引出しは問題ないと言っていたのに、、、同銀行のATMに行き払い出しの手続きを行うも、現金が出てきません。
悩んだ末に行員の方に払い出しできない旨を伝えました。
そしたら、私のキャッシュカードは、ICチップが搭載されていない旧式のキャッシュカードであり、セキュリティーの観点から50万円までしか払い出しができないとの回答。
全くの無知の私は店頭で払い出しで続きを行い、併せてICチップ搭載のカードへの変更手続きを行いました。

スポンサーリンク