しまむらの裏地あったかパンツは大ヒット商品でした。2018年も売っています。
サイズが微妙に合わない場合、しまむら裏地あったかインナーのボトムスがおすすめです。

しまむら裏地あったかパンツ裏起毛デニムとは?

しまむらは、裏地あったかパンツが大ヒットして、
2016年は最高益になりました。
セールをすることなく3900円の定価で完売させたのです。
笑いが止まらないほど儲かっているという時期でした。

その後しまむらは宝探し感がなくなり、しまパト離れで失速したものの、
2018年も裏地あったかパンツは売っています。

股上深めが3種類、
スキニー、ストレート、スリムストレートと、
普通の股上のスキニータイプ。

どれもぴったりめのシルエットです。
私が履くとなぜかずり下がりますが、重ねばきしなくても暖かいです。

2018年は暴風機能が追加され、+5度暖かくなりました。

裏地あったかパンツより裏地あったかインナーパンツ

しまむらに、裏地あったかパンツ2018年版を見に行きましたが、
すでに持っているものと大きく変わらない感じでした。

裏地あったかインナーパンツを見ると、
裏起毛デニムの裏地あったかパンツと同等そうな暖かさ。
そして柔らかい。軽い。安い!

こちらは、ずり下がるとか、なさそうなので、
こちらをゲットしました。
他のしまむらの裏起毛ファイバーヒートも980円で異様に暖かいので、
下も購入です。
スカートならどれだけ厚着しても着られますからね。

ユニクロの暖パンとどっちが暖かい?

しまむらの裏地あったかパンツとユニクロの暖パン、
どちらも持っています。

ユニクロは裏フリースで防風です。
真冬のサッカー観戦の時などは、ユニクロ暖パン+インナー重ねばきしていました。

2016年では暖かさは、ユニクロ暖パンが上に思えましたが、
2018年はしまむらも防風機能をつけて進化しています。

暖かインナーや暖かいパンツなどは、毎年進化していますね。

しまむら裏地あったかパンツ(裏起毛デニム)シルエットは?

シルエットが、私は微妙に合わなくて、
ずり下がってくるのですが、これは個人差があるかと思います。
ウエストが太い人にとっては、股上深めは厳しいですし。
サイズは私はユニクロ暖パンの方が合いやすいです。

1年中しまむらのデニムを履きこなしている人もいますし、
体型は人によって違うので試着してみた方がいいですね。。

その点インナーは、サイズはちょうどよく、何も問題なく、
安くて暖かいです。
裏地あったかパンツ(裏起毛デニム)のサイズが微妙な人は、
ファイバーヒートの極(ごく)裏地あったかインナー、おすすめです!

スポンサーリンク